Top
検疫にご注意

いつかやってくる本帰国の日・・・

ペットが家族の一員という家庭で一番心配なのは、
検疫所でペットが係留されることなく、スムーズに入国できるかどうか。

旦那より何よりもロミオと一緒に入国したい!

f0223836_203190.jpg


私も日本からオランダへロミオを連れていくときには、
慣れない手続きや英語の書類、そして長時間のフライトの心配などで、
本当に大変な思いをしました

すでに海外生活折り返し地点を過ぎている我が家では、
日本の検疫についてたびたびチェックしています。

そんな矢先、動物検疫所成田支局からメールがきました。


「2012年1月1日以降のアイルランド、スウェーデン及び英国からの犬、猫等の輸入条件変更を検討する」
検疫所HP→ 

イギリスの検疫制度が2012年1月1日より改定されることは、お友達に聞いていました。
その検疫制度改定に合わせて、日本も制度変更するとのこと。

イギリスの検疫HP→ 

<イギリス入国の変更点> 参考まで・・・
☆ドイツやフランスなどのEU加盟国からの入国☆
 ・抗体価血液検査が不要になる
 ・入国前24時間後48時間以内にするダニ予防が不要になる(tapeworm条虫は必要)

☆EU以外からの入国☆
 ・抗体価血液検査後、6か月の待機期間が不要になる
 ・入国前24時間後48時間以内にするダニ予防が不要になる(tapeworm条虫は必要)


以前より、検疫が緩和された印象ですが、私が何を心配しているかと言うと・・・

<日本入国の場合(現行)>

☆ドイツやフランスなど大陸国からの入国☆
 ・抗体価血液検査が必要(新規で検査した場合、6か月の待機期間が必要)

☆イギリスからの入国☆
 ・抗体価血液検査が不要
(但し、イギリスに半年以上いることが条件、その他の国を行き来している場合は血液検査が必要)

上記のルールのため、ロミオの抗体価検査の延長はせず、今は処置していないのです。
イギリスの検疫が緩和され、逆に日本の検疫の改定でイギリスも現行のドイツやフランスと同じ対応で。。
なんてことになると、6か月身動きが取れなくなってしまいます。
3月に人が帰国するとなっても、ロミオは一緒に帰国できないということです。
仮に血液検査が必要でも、イギリスの改定のように6か月の待機期間が不要ということであればセーフ。


私は成田検疫第二課に問い合わせをして、最新情報を知らせていただくよう伝えています。
帰国の予定がある方は問い合わせしておくことをオススメします!


スムーズに帰国でるといいね!(←まだ我が家何も決まっていないけど)

f0223836_20592895.jpg

[PR]
Top▲ | by london-romio | 2011-11-18 21:13 | わんこ生活
<< のんびりブダペスト | ページトップ | シャイボーイ >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin