Top
カテゴリ:旅行(スペイン)( 6 )
Top▲ |
アンダルシア旅行記vol.5

なんといっても、スペインは魚介が豊富♪
ワインも安くて美味しいし♪♪
しかも、小皿でいろいろなお料理をつまめるのがイイですね~☆
ホテルで毎朝和食をいただいたせいか、飽きることなく毎日スペイン料理をいただきました。


「グラナダのレストラン」
f0223836_3505610.jpg



「コルドバのレストラン」
郷土料理の牛テール煮込みやアホブランコ(にんにくの冷製スープ)が美味☆
もちろんリオハもグビッとね♪
f0223836_3523964.jpg



「トレモリノスのビーチ」
名物のイワシ♪魚介のフリットなど、ビーチを眺めながらの食事は最高~
f0223836_3551237.jpg



「トレモリノスの創作タパスバル」
そうそう!スペインといえば、こういうタパスのイメージよね??
タパスをつまみながらのリアスバイシャス&リベラ・デル・ドゥエロのワインが美味しかった!
f0223836_357050.jpg



「ホテルのレストラン」
日本人シェフが作ってくれたパエリヤとガスパチョなので、口に合うこと間違いなし!
f0223836_40323.jpg



「マラガのレストラン」
いかすみパエリヤが美味しくて忘れられないお味です♪
f0223836_425696.jpg




いかがでしたか?スペイン料理が食べたくなっちゃいましたか??(笑)
野菜も太陽をたくさん浴びているので活き活きとしているし、生ハムやお肉、魚介もワインも美味しくてスペイン料理万歳と改めて感じるイギリス料理・・・(苦笑)


長くなりましたが、アンダルシア旅行記は終了です。

次はどこに行けるのかな~??旦那さま~~~。
[PR]
Top▲ | by london-romio | 2010-10-14 04:16 | 旅行(スペイン)
アンダルシア旅行記vol.4

シェリー酒の原産地 ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ
f0223836_1647385.jpg

ヘレスで作られたものしか、シェリーと名乗ることはできません。
ワインの勉強中なので、ここは外せない場所です♪
といっても、トレモリノスから車で約3時間と少し遠かったのですが、
ジブラルタル(イギリス領)やアフリカ大陸を横目で眺めながら楽しくドライブ♪♪

ヘレスも暑い!!(多分38度くらい)

BODEGA(ワイン醸造所)の見学は、最も有名なこの場所
f0223836_17195175.jpg

「TIO PEPE」と言えば誰もがご存じ?!ゴンザレス・ビアス社

広い敷地内を電車に乗って移動し、見て回ります

シェリー酒はもともと飲む機会もあまりなく、独特の風味が実は苦手です(笑)
コルドバのレストランでも食前酒でシェリー酒が出てきたけど、思わず「ウェっ!」と言ってしまった・・・(せっかくだから全部飲みましたけどね)

f0223836_17301715.jpg

イギリスでは1850年代にワインの輸入の約40%がシェリー酒だったほど人気がありました。
昔ほどの人気はないものの、ワインコーナーにはシェリー酒が充実していて、イギリス向けに作られているシェリー酒もあるんだとか。

シェリー酒は、ソレラ・システムが行われる積み重なった樽が特徴的なワイン
一番下の樽が最も熟成された出荷直前のワインで、その抜き取られたワインの分を、上部の樽から下部の樽へ補充されることによって、若いワインがブレンドされ、また熟成させ・・・ということを繰り返し、一貫性を保っているのです。

樽の中には、フロールと呼ばれる天然の酵母が生育し膜を張ることによって、空気と触れることなくワインが熟成されます。それが、シェリー酒独特の風味をつけ、慣れない味になるのですが・・・

ソレラ・システムの樽やフロールが見える樽なども見学することができ、勉強になりました!


このゴンザレス・ビアス社は、世界のセレブ達が自分の樽も持っていることでも有名
スペイン王家の樽は、それはそれはゴージャス♪
f0223836_17234645.jpg


その他ざっと見るだけでも アイルトン・セナ、スティーブン・スピルバーグなどのサイン入り樽
そして、皇太子さまの樽もありましたよ。
f0223836_18162432.jpg
 
92年ということは、バルセロナオリンピックでいらしてたのかな?

最後は、イベリコ豚とシェリー酒(FINOとCraft)の試飲ができました♪

色が淡くて辛口なフィノや琥珀色のアモンティリャード、あずき色のオロロソ、甘みを添加されたクリーム、天下干しされたブドウから作られるシロップのようなペドロ・ヒメネスetc. 
シェリー酒も熟成の違いによっていろいろな種類があるので、これを機会に試してみようかな?

f0223836_18291252.jpg



移動満載、観光満載のアンダルシア旅行でしたが、
ビーチでのんびり読書したり、お昼寝したりzzz... 穏やかな時間もありました
f0223836_16363573.jpg


海で泳がなくても、ひたすらゴロゴロするだけだけど・・・(泳げないから苦笑)

それでもやっぱり海が好き!! 夏女だからか?

3日間ゴロゴロする日がありましたが、それでも物足りない!
同じ場所で数週間ひたすら余暇を楽しむという欧米人の気持ちがわかるようになってしまった?!


アンダルシア旅行記、食編で最後です。
[PR]
Top▲ | by london-romio | 2010-10-12 16:57 | 旅行(スペイン)
アンダルシア旅行記vol.3

古都コルドバまでは、新幹線で移動~☆

f0223836_458172.jpg

新幹線を利用すると、マラガから約1時間という近さです。
早朝出発ということもあり、ホテルの方がおにぎり弁当を用意してくださいました。
しかも、ペットボトルに麦茶まで入れてくれたことに感動っ(涙)
こういうきめ細かいサービスは日本人ならではですなー。
滞在中は、毎朝しっかり日本の朝食をいただきました(笑)


話は戻りまして・・・コルドバへ到着!!

昔(8世紀中ごろの後ウマイヤ朝時代)は栄えていたんだろうな~という街並みです。
有名な白い花小道は観光客でにぎわっていました。
f0223836_5428100.jpg



世界最大規模を誇るモスク 「メスキータ」
f0223836_511344.jpg


約850本もある円柱の森は、今まで感じたことのない雰囲気
f0223836_5133878.jpg

初めてのモスク。そして、この円柱群にはとても感動します

f0223836_5192767.jpg

まさにイスラムとキリストの融合?!

f0223836_523084.jpg

これはキリスト教かな・・・?

f0223836_524442.jpg

歴史に包まれた荘厳なメスキータは美しかったです。


メスキータの中も蒸し暑かったけど、ランチを食べて外に出てみると、
東京の夏を久しぶりに思い出すような、息苦しく不快な暑さ・・・
日向は無理・・・日陰でお水を摂らないと倒れそう(ワインも飲み過ぎたし)と旦那に訴え一休み

なんと、コルドバ40度!!

内陸のせいでマラガなどの海岸よりも暑いんですねぇ~。
しかも、午後から夕方にかけて気温が上昇!!
スペインに行くまでシェスタ(スペインは14時から16時くらいまでお昼寝タイムがあるため、お店がほとんど閉まってしまう)が理解できなかったのですが、この暑さを体験してみてヒジョーに納得です。外を歩けないからね。


ロミオは元気かな~?ってワンコにはすぐに目がいっちゃいます(笑)
f0223836_556158.jpg

コルドバにいたミニシュナちゃん★


vol.4に続く・・・
[PR]
Top▲ | by london-romio | 2010-10-09 06:02 | 旅行(スペイン)
アンダルシア旅行記vol.2

グラナダまで約2時間半のドライブ
一面オリーブ畑の景色にスペインにいることを実感です♪


ここで個人旅行にはつきもののハプニング!
カーナビ君の設定に間違いがあり、到着した先はアルハンブラという名のレストラン・・・

「ここはどこ??」

グラナダにいることは間違いないのだけれど、アルハンブラ宮殿の入り口ではなさそう(汗)
事前にチケットを購入していましたが、時間に1分でも遅れると入れないという話なので焦ります。
通りすがりの人に位置を教えてもらい、そこから20分かけ無事に到着・・・
その道中、旦那とはひと悶着・・・道に迷うと気持ちに余裕がなくなるのよねー!まったく!!


そんなこんなでようやく着いた「アルハンブラ宮殿」

f0223836_55492.jpg

イスラムの栄華を残し、アンダルシアの宝石と呼ばれています

小高い丘に立つ宮殿の姿は、神秘的そして幻想的で、アテネのアクロポリスのよう。
宮殿内は庭園や野外劇場、王宮、城塞などがあり、ものすごく広くてここでも迷いそう・・・

f0223836_6121088.jpg

イスラム建築の最高傑作というだけあり、細かい模様には感心します

f0223836_611115.jpg

コマレスの中庭は、建物の反射を計算して造られた水の鏡が非常に美しくて感動

f0223836_6234992.jpg

旦那もテンション高め?!

ちなみに、アルハンブラ宮殿の一番有名な「ライオンの中庭」は、
2010年9月現在も工事中だったのが、残念・・・


アルハンブラ宮殿をあとにして、グラナダ中心部へ。

f0223836_643509.jpg

これは、カテドラル(大聖堂)


イスラムの雰囲気が漂う不思議な街グラナダでした。


vol.3に続く・・・
[PR]
Top▲ | by london-romio | 2010-10-08 06:54 | 旅行(スペイン)
アンダルシア旅行記vol.1

あっという間に10月ですよー!!
PCにゆっくり向かう時間がなくて、サボリんぼのブログでごめんなさい。


さて、我が家の夏休み初日♪


早朝ロンドンを発ち、約3時間で日差しが眩しいマラガ空港に到着しました

ロンドンは右ハンドルでの運転だけど、ドイツで左ハンドルの運転には慣れたので、
迷いもせずにレンタカーをチョイス♪
空港の出口を出ると、予約しておいたレンタカー会社のスペイン人が待っていてくれました。

「スペインは危険な国」

そう聞かされていたので、初めの空港ではかなり慎重になる私たち。
レンタカー会社の人にもぼったくられるのでは?怖い人だったら?空港で誘拐されたら?
など、心配し過ぎでした(笑)

※治安が悪いのは、マドリッドやバルセロナなどの都会が多いみたいです
 もちろんリゾート地も注意しなければならないけどね。


結果、オーライ♪
このレンタカーは大いに役に立ってくれました☆


宿泊先のトレモリノスという町へは、マラガから約30分ほど。

f0223836_634179.jpg

日本人経営のプチホテルに7泊お世話になりました
レンタカーの手配や、その他チケット各種、レストランの紹介などもしてくれるし、なんといってもすべてが清潔!食事が美味しい!!日本人のきめ細やかなサービスが受けられて大満足♪
オーナーさんが犬好きのため、ここはワンコもOKなのです。
イギリスは検疫があるため手続きが面倒で、ロミオはお留守番だったのが残念でなりません。


初日は、トレモリノスから車で約30分ほどにある 白い村「ミハス」

訪れたことのある両親からは、ミハスはあまりおすすめができない・・・
と言われていたのですが、滞在先から近かったのでせっかくなので行ってみた。。

ロバに乗って村を一周できるのですが、
わざわざロバさんに乗らなくても、歩けます!!

※昨年訪れたサントリーニ島(ギリシャ)は、ロバに乗ったほうが断然イイ♪

f0223836_6445528.jpg

一番の写真スポットであるこの坂道
綺麗なんだけども・・・お土産店の看板が日本語のため、景観を損ねていたのが残念~


アンダルシア地方には白い村がたくさんあるので、よーく事前に下調べしたほうが良いですよっ!
ま、タパスとビールが美味しかったし、有名どころのミハスへ来ることができたので満足でした。


vol.2へ続く・・・
[PR]
Top▲ | by london-romio | 2010-10-06 06:57 | 旅行(スペイン)
夏休み♪♪

ここ数日でコートが手放せなくなってしまったロンドン
ついに来たか、長い冬め(苦笑)ヨーロッパで過ごす長い冬はこれで3度目か~・・・
また楽しいことでも考えて頑張ろう~っと♪


さて、我が家の『夏休み2010』
今年はどこに行ったかというと・・・


f0223836_1424133.gif


スペインはアンダルシア地方♪♪ 

コスタ・デル・ソル 「太陽の海岸」と呼ばれる海岸沿いにあるトレモリノス(マラガ横の赤点)に滞在し、レンタカーやスペイン新幹線を駆使してアンダルシア地方を旅して来ました。
(青枠で囲ったトコロを回りました)


記録のために行程を残しておきます

8/31~9/7

1日目 マラガ着 ミハス観光
2日目 グラナダ
3日目 コルドバ
4日目 トレモリノスのビーチでのんびり
5日目 ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ
6日目 ビーチでのんびり
7日目 ビーチでのんびり
8日目 マラガ観光 ロンドンへ帰る

宿泊先はトレモリノスなので、ALL日帰り! 忙しい日程(苦笑)
「典型的な日本人ですね」と、ホテルの方にも言われました。。

真夏のピークは過ぎているものの、アンダルシア地方はまだ夏真っ盛り♪
ジブラルタルの東から続く約300キロのコスタ・デル・ソルと呼ばれる眩しい海岸♪♪
8月に入ってからロンドンは既に秋だったので、スペインで夏を取り返して来ましたよ~☆


f0223836_2141255.jpg


旅行についてはぼちぼちUPしますので、良かったら読んでくださいね
[PR]
Top▲ | by london-romio | 2010-09-27 02:15 | 旅行(スペイン)
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin